目の下にたるみができる原因


目の下 たるみ クマ
クロスクリニック

紫外線も悪影響。UVカットのクリームを塗るように

目元の肌にハリが無くなった。老化現象です。
紫外線も悪影響。UVカットのクリームを塗るように
目の下のたるみ対策にコラーゲンが必要です

加齢で眼輪筋が弱くなったならば対処のしようがないと思ったのですが、意識などしない筋肉であっても、実は眼輪筋はエクササイズで鍛えることができるとわかりました。眼輪筋のあるパーツを意識しながら、自分でするエクササイズをすることが大事です。筋力の低下を回復することで、改善にもなりますし、ついでに疲れ目解消にもなります。今までの人生において、目元への紫外線の影響などは、深く考えたことはありませんでした。でも目の下の悩み解消には、紫外線も悪影響だったのです。顔に紫外線が当たることで、目元にもマイナスの老化現象を与えることになります。目の周りや眼輪筋にはコラーゲンの組織がありますが、紫外線を浴びることでその組織は大きいダメージを受けます。知らなかったのですが目の周りというのは、本来はたくさんのコラーゲンがあって、その弾力は目を支えるために必須なのだそうです。そして太陽の紫外線をたくさん浴びてしまうと、コラーゲンは破壊をされてしまうのです。この目元への紫外線の害を知ってからは、できるだけ直接紫外線を肌に浴びるのを控えることにしました。出勤や外出の時には目元まで、くまなくUVカットのクリームを塗るようにしていますし、メイク直しでもUVカットクリームを塗りなおしています。サングラスをしたり、つばの広い帽子を愛用もしています。自宅にいるときにも、UVケアは怠らなくなりました。